スタディ

家の勉強ができる学校

不動産

学べることは

建築の専門学校は建築家を目指すコースだけでなく、インテリアに関する勉強をするコースが併設されている専門学校が多いです。このように、建築の専門学校では、家のことに関して幅広い知識を得ることができます。学べることに関しては、建築家になるために必要な製図であったり、実習であったりといったことを学べ、インテリアコースでは、インテリアのデザイン、製図などを学ぶことができます。2級建築家になるには特に資格は必要ありませんが、1級建築家を目指すには、専門学校を卒業するだけでなく、実習の経験が必要です。専門学校では、このように1級建築家を目指す人のためのコースも用意されていることが多く、こちらは2年コースを卒業してから受けることができます。

進路は

建築の専門学校を卒業した後の進路はどのようになっているのでしょうか。これに関しては、もちろん1級、2級問わず、建築家になる人が多いです。ですが、それに加え、建築関連の企業に就職する人も多いです。それだけに限らず、インテリアコースに関しては、インテリアデザイナーになる人もいます。このように、専門学校を卒業してから、様々な進路の選択肢があるのがこのような専門学校の魅力であると言えます。何より、授業で実習を積むことができるので、卒業前から技術を磨くことができ、実力をつけることができるので、職場でも即戦力として重宝されます。専門学校の魅力は就職先を紹介してもらえたりと、就職率が高いことであり、この業界も同様であると言えます。